測量・調査

測量・調査

測量

 

起工測量(事前測量)

工事着工前に以前の測量成果と現地があっているかの確認を行います。
主だった内容といたしましては、基準点測量、水準測量、縦横断測量等になります。
こちらは、実際にお客様の御要望にあわせた内容で行います。
また、点検だけでなく、実際に施工する際に必要となる箇所に基準点、仮BMの設置なども行います。

基本測量

地図を作成したりする際など基本となる点を作成します。基準点測量、水準測量等になります。GPSを用いた観測やトータルステーションによる観測、単純な単路線から複雑な網路線など誤差などを考慮し、様々な角度から最も良いと思われる手法を御提案させていただきます。

工事測量

計画図面の照査を行い、丁張だしや位置出しを行います。 また、土量測定や出来高の確認測量、TSによる出来形管理なども行っております。

境界測量

測量図、用地図などより現地踏査を行い境界を確認します。
測定し、辺長や面積など確認したり亡失した境界を復元したりいたします。

調査

鉄筋探査

昨今、耐震偽装問題などから、鉄筋コンクリート建造物の強度・耐久性に関しての注目が高まっています。主に耐震補強工事などに多く利用されていますがリフォームや設計をするための探査も多くご依頼いただいております。鉄筋の位置の特定、かぶり、鉄筋径の測定などを調査いたします。

ひび割れ調査

工事完了後のひび割れなどの確認から、経過確認の為のひび割れ、薄利などの調査、補修工事に伴う事前確認など幅広く行っております。
同じような内容であっても目的が変われば調査内容なども変わってきます。お客様と打ち合わせさせて頂き、調査の方法などご相談させて頂きます。

港湾施設調査

港湾施設の調査も行っております。

空洞調査

トンネルの空洞調査は、国土交通省では必須になっています。
ンネルに限らず、新設のコンクリート構造物など技術提案にて行っているところもあります。
当社では、コンクリートに限らず、地中探査(配管、空洞)なども行っております。