非破壊試験

非破壊試験

非破壊試験

非破壊試験とは、“物を壊さずに”その内部のきずや表面のきずあるいは劣化の状況を調べ出す検査技術のことです。
弊社では、コンクリート中の配筋かぶり状態及びかぶり測定を初めとし、微破壊・非破壊試験による新設コンクリート強度測定(超音波法、表面2点法)などに取り組んでいます。

  • 非破壊試験による配筋状態及びかぶり測定
  • 微破壊試験によるコンクリート構造物の強度測定(ボス供試体測定)
  • 非破壊試験によるコンクリート構造物の強度測定(超音波法、衝撃弾性波法(表面2点法))