国土交通省

非破壊試験による配筋状態及びかぶり測定

国土交通省

参考文献:非破壊試験によるコンクリート中の配筋状態及びかぶり測定要領

測定場所・測定数量など

対象構造物と測定断面数など

対象構造物 橋梁上部工 橋梁下部工 重要構造物のボックスカルバート工
測定断面数 一径間あたり 3断面 柱部 3断面(注1)
 張り出し部 2箇所
1基あたり 2断面
試験方法 電磁誘導法 電磁レーダー法 電磁誘導法
電磁レーダー法
適応範囲 内空断面積25㎡以上

(注1)・・・打継目においてコンクリート打設前に主筋のかぶりを段階確認時に実測した場合には、実測付近の中段、上段の測定を省略することができる。

橋脚、橋台など左図のように、上・中・下と3断面に区切ります。その時の断面の形が「四角形」「小判型」「円形」などの形状により測定数量が変わります。
上部工も断面の形状により測定数量が変わってきます。

内空断面積が25㎡以上の場合測定をしなければなりません。測定場所につきましては、現場状況(埋め戻している)など検討し、協議の上数量は変えずに測定場所を変更することも少なくありません。左図では、右側だけの測定になっていますが、左右交互に測定することもあります。

現場測定

 

使用機械につきましては、
上部工・・・電磁誘導法
下部工・・・電磁レーダー法
にて測定いたします。

現場測定前に、対象構造物の設計緒元(形状、鉄筋径、かぶり、間隔など)事前に確認します。対象物の60㎝×60㎝ 以上の範囲を探査します。探査結果を現地にケガキます。赤矢印のようにデータを採取し、持ち帰りデーターの解析を行い、合否の判定結果及び報告書を作成いたします。

電磁誘導法では、鉄筋間隔が設計かぶりの1.5倍以下の場合補正が必要となります。基本的には、テストブロックで測定機の精度を確認し特には補正の必要は無く測定されたデーターがそのまま  判定の基準になります。これに比べ電磁レーダー法は、コンクリート中の水分量によりかぶり厚が変わるため、深度校正という土木研究所方式の補正が必要になります。よって、現場測定の場でご報告できるのは、補正前の測定値になります。

判定基準

項目 配筋状態(鉄筋の測定中心間隔の平均) かぶり
判定基準 上限:設計間隔+鉄筋径+10mm以下
 下限:設計間隔-鉄筋径-10mm以上
上限:(設計値+鉄筋径)×1.2以下
 下限:(設計値-鉄筋径)×0.8又は
 最小かぶり×0.8のいずれか大きい値以上

現状の非破壊試験の測定技術においては、実際の鉄筋の位置に対して測定誤差が発生する。このため、非破壊試験においては、測定誤差を考慮して判定基準を定めている。「判定基準」では、この測定誤差の精度を、鉄筋の測定中心間隔の平均値については±10mm、かぶりについては±20%以内であるとして、「規格値」よりも緩和した値としています。よく誤解されやすいのが、最小かぶりです。道路橋示方書に記載されています。設計値のかぶり厚と誤解されやすいです。

配筋状態及びかぶり測定の現場状況を動画で見る

よくある質問はこちら
ご不明な点などお気軽にお問い合わせください。